長崎と大阪

11月に3泊四日で大阪経由で長崎に行ってきました。
札幌をたったときは-1℃という気温でしたが、長崎は20℃以上あって、暑いくらいでした。
初めての長崎は、異国情緒いっぱい。
f0101174_11245089.jpg
ホテルから歩いて5分の所にグラバー園がありました。
大浦天主堂
f0101174_11245784.jpg



f0101174_11250281.jpg
途中から大学生の団体さんがやってきて込み込み。

グラバー園では「長崎さるく」のおじさんに声をかけていただき、たっぷり1時間案内をしていただきました。洋館を巡り、ガイドブックだけではわからない裏話や歴史を教えていただき、とても有意義でした。

夜もほろ酔い気分で電車に乗って、眼鏡橋のライトアップを見に行きました。

f0101174_11242083.jpg
もちろん、長崎原爆資料館や記念公園、浦上天主堂にも行きました。

f0101174_11242730.jpg

飛行機の乗り継ぎが伊丹だったので、4時間くらい時間があった初日は万博記念公園に行き、太陽の塔をみて公園を散歩・・・・が、この日ちょうどエキスポシティの商業施設がオープンだったらしく、駅はすごい人でした。でも、ここの駅で食べたたこ焼き(「くくる」というたこ焼き屋さん)が絶品でびっくり!!大阪の粉もん甘く見てました。
帰りは半日以上時間があったので、まずは道頓堀。
連休の中日、しかも日曜日とあって朝からすごい人、人、人。
いろいろ食べたかったけれど、どこも行列がすごくて、目当てのうどん屋さん(今井)にだけ入りました。
甘いお揚げさんが乗った、出汁の効いたうどんがものすごく美味しくて、ちょっと感動しちゃいました。

f0101174_11243548.jpg
昼からは大阪城
f0101174_11244363.jpg
わたしには西日本の味がとても合うようで、何を食べても美味しかったです。
ただ、思ったほど食べられないのですが。。。

国内旅行も気楽でいいなぁと見直しました。
またふらりと出かけてみたいわ。

















[PR]
Commented by まゆみ at 2015-12-08 21:24 x
まさこさん、こんばんは。
九州に行かれたのですね。グラバー園・大浦天主堂・長崎原爆資料館・眼鏡橋・・・
〇十年前、高校の修学旅行で行ったところばかりです。懐かしいです。
神戸からフェリーに乗って、宮崎に入り、鹿児島・熊本・長崎・福岡とほぼ九州を回り、
新幹線と特急で帰りました。今から考えると豪華な旅行だったと思います。
長崎で食べた「皿うどん」の味が忘れられません。若き日のいい思い出です(*^-^*)
Commented by masako-watanabe at 2015-12-09 10:15
まゆみさん、高校の修学旅行で九州一周ってすごいですね。
でも、高校生までに広島か長崎の原爆記念館は見ておいた方がいいですよね。わたしも今回行って初めてわかったことも多く、長年疑問に思っていたことがすーっと解けた気がしました。
ベトナムに行ったときも思ったけれど、戦争の悲惨さはその地でなければ感じられないことがあります。
長崎でもちろん皿うどん食べました。脂っこくもなく、味も薄味で大皿ペロリと食べ、お土産も皿うどんやちゃんぽんを買い込んできました。電車で市内を回れるので、景色を楽しみながらあちこち行きました。坂が多く石畳で足が疲れましたが、もうすこし鍛えてまた行きたいなと思っています。素敵な街でした。
Commented by YOKO at 2015-12-15 14:31 x
長崎ではボランティアガイドの方に案内してもらったのですか?
そういうのがいいですね~
大阪城でもあるんですよ、私も何度も利用させてもらいました。
だからもう自分でガイドできるくらい(笑)
ぜひまたふらりといらしてね~~
Commented by masako-watanabe at 2015-12-15 19:01
そうなんです。おじさんに話しかけてもらい、1時間くらいびっちりガイドしてくれました。「長崎さるく」の存在はネットで見て知っていたのですが、決まった時間に集まったり、連絡しないとダメなのかなと思っていたので、とてもラッキーでした。
大阪城もあるんですね。お城の下で、大道芸をやっていて座り込んで見ちゃいました。旅行に行くと普段いかに歩いていないかが実感です。毎晩足が痛くてお風呂の中でモミモミしてました。
今回はありがとうございました。大阪はもう一度ゆっくり行きたいと思っています。
また色々教えてくださいね。
by masako-watanabe | 2015-12-08 11:45 | Life | Comments(4)

北海道北見市から、心と体にやさしい ハーブのある暮らしをお送りします。


by masako-watanabe
プロフィールを見る
画像一覧