「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Movie( 16 )

しあわせの隠れ場所

f0101174_16332784.jpg

一番最近見た映画です。
2009年にボルチモア・レイブンズに入団したマイケル・オアーという実在の人物のお話。
サンドラ・ブロックはコメディーからシリアスまで幅広い女優さんですよね。この映画の彼女はセレブなんだけど飾らず、信念を持った強い魅力的な女性です。最後にモデルとなったオアーや家族の写真も出てきます。
見た後、ほぁーんと、しあわせを感じられるような映画でした。お勧めです♪

今月のSWIM
Mar. 15,100m+13Lessons
Total 25,900m
今月は頑張りました!レッスンだけで13日も行ってるなんて初めてかも。1回に必ず二つ以上受講するからレッスンの中でも結構泳いでます。(距離のカウントはレッスン以外の自主練のみ)
今月から平泳ぎを本格的に始めました。ゆったりゆらゆら泳ぐ平泳ぎじゃなく、顔の前に水しぶきがザバッと出で、水中でぐいーーんと進むアグレッシブな平泳ぎです。イメージは北島康介(大笑)
相変わらず右だけ股関節が固くて苦戦してますが、めったに褒められたことない私が「一皮剥けたな!」と言われて、さらに頑張ってます(^o^)
[PR]
by masako-watanabe | 2010-03-31 16:50 | Movie | Comments(6)

アバター

f0101174_8401131.jpg

話題の映画なので、あんまり好きなジャンルではなかったけれど観ました。これが、かなり面白くてすっかり引き込まれてしまいました。なんと言っても画像がきれいで、迫力があります。前日に「サロゲート」を観ていて、なんじゃこりゃ!と思ったので、アバターの最初を観たときも「内容かぶってる?」と思いましたが、全然違いました(^o^)


今月のSWIM
Jan. 3,400m+2Lessons
年明けは週4日行って張り切っていたのですが、その後雪かきで腰を痛め、のろのろ泳ぎさえ出来ないほどの痛みに、さすがのカッパも水から離れました。その後、半月留守をしていたため今日まで泳いでいません。水泳を始めて、こんなに水から離れていたのは初めてです。陸に上がったカッパは体がうずうず・・(^o^)早く水に入りたーーーい!!
[PR]
by masako-watanabe | 2010-01-31 08:51 | Movie | Comments(2)

DVD2作

例年、元旦は初滑り・・・というのが恒例でしたが、今シーズンの北見地方は雪が少ないです。ネットで調べてみたら市民スキー場もBコース(急斜面)がオープンしていませんでした。Bコースが滑れないなら・・・と気力が萎えて「巣ごもり」体制(^o^)で、「希望のちから」
f0101174_6342070.jpg

ある種の乳ガン治療薬「ハーセプチン」を開発して認可が下りるまでを描いた実話に基づく映画です。一つの新薬が世に出るために、こんなにも膨大な時間とお金、労力がかかるんだというのが率直な印象です。開発に携わる医師や家族、製薬会社だけでなく治験者となった癌患者さん達を丁寧に描いていると思いました。日本では公開されなかった映画と言うことですが、DVDならではの、制作秘話やモデルとなった登場人物達が実際に話をする場面がありました。

もう一つは、「路上のソリスト」
f0101174_649669.jpg

ホームレスの天才音楽家ナサニエルとロサンゼルスタイムスの記者ロペスとの物語で、こちらも実話。観たかった映画で、やっぱり良かったです。

さあ、今日は明け方前から猛吹雪。
DVD鑑賞もお休みして、雪かきです。
[PR]
by masako-watanabe | 2010-01-02 06:56 | Movie | Comments(0)

ブタがいた教室

f0101174_16275230.jpg

先週末に観たDVDで、実話を元にしている映画です。
子供達の真剣なまなざしに思わず、じわっと・・・。
命の大切さとか、生きることの意味とか、小学生の子供達にも観て考えてもらいたいな。
[PR]
by masako-watanabe | 2009-11-06 16:32 | Movie | Comments(2)

チェンジリング

f0101174_20583836.jpg

肉体派アンジェリーナ・ジョリーってそんなに好きではなかったのですが、そうではない演技派の一面が見られる映画でした。
普通だったら、お話はここで終わるかなと思っていると、まだ次があって、まだその続きがあって・・・というのが、実話を忠実に描こうとしているところなのでしょうか。監督クリント・イーストウッドというと、「ミスティック・リバー」の観た後の後味の悪さ・・・みたいなトラウマがあったのですが、この映画の最後は少し「希望」が見えるものでした。


ここ数日で庭の雪もぐっと少なくなりました。
雪かきはサボりがちなくせに、除雪スコップやママさんダンプはさっさと地下に片付けてしまいました(^_^;)このまますんなりと春になるとは思えませんが・・・。
[PR]
by masako-watanabe | 2009-03-22 20:55 | Movie | Comments(0)

7つの贈り物

f0101174_17422928.jpg
週末に見た映画はこれです。
私、ウィル・スミスの映画もけっこう見ているみたいです。最近では「幸せのちから」や、「アイ・アム・レジェンド」「ハンコック」も見ました。・・っていうか、人気俳優さんなんですね。今回の映画は「幸せのちから」流れ(?)かな。
この映画ではウィル・スミスの何とも言えないキュートな笑顔がとても印象的でした。こんな包み込むような優しい笑顔の人が近くにいたらイチコロですね(意味不明)(^o^)

実はその前週は「ベンジャミン・バトンの・・・」も見たんだけど、これは、なんというか・・・「ふーん」って感じでした(^^;)メイクはすごいナーって思いましたが、ストーリーがおとぎ話すぎてちょっと冷めて見ちゃいました。
それはそうと、話題の「おくりびと」は見ていないのです。昨年11月に、お世話になった斎場に映画のポスターが貼ってあって「これ、見たいなぁ」と思ったんですが、機会を逃しました。DVDが出るのを待ちましょう。
[PR]
by masako-watanabe | 2009-02-24 18:04 | Movie | Comments(2)

マンマ・ミーア!

f0101174_9333066.jpg

元気になる映画でした!
世界各地でロングランとなっているミュージカルが映画化されたのだそうですが、懐かしいABBAの曲がコミカルに、パワフルに、切なくちりばめられています。

それにしてもやっぱりメリル・ストリープはすごい!若々しい歌声も激しい踊りも、彼女が本当に心から楽しんでいるように見えるのです。島の女性達をみんな引き連れて踊りながら唄うダンシング・クィーンでは、思わず口ずさんで体が動き出しそうでした(^o^)

心が元気になれる映画、お時間のある方は是非どうぞ♪
[PR]
by masako-watanabe | 2009-02-01 09:44 | Movie | Comments(4)

最後の初恋 NIGHTS IN RODANTHE

またまた照れくさい邦題ですが、ローダンテって何?と思ったら物語の舞台となる地名だそうです。このロケーションがまた素晴らしそう。。
まだ見てません。まだ公開されてませんから(^o^)
だけど、きっと見ます。
最後の初恋

だって、大好きな女優さんダイアン・レインが出ていて、主題歌はダニエル・パウターだもん、これは見ないわけにはいかないでしょう。
またリチャード・ギアがきざなせりふを、さりげなくそしてかっこよく決めるんだろうな・・・とわかっていても、です(^o^)
[PR]
by masako-watanabe | 2008-09-19 05:43 | Movie | Comments(2)

Nim's Island

f0101174_8453855.jpg

邦題は「幸せの1ページ」なんだけど、ぴんと来ませんー。中身見たらやっぱりNim's Islandでしょう。だってどう見ても主演はニム役の女の子だもの。
見終わった後に、「あれ?この映画ってディズニーだったっけ?」と思ってしまいました(^^)無人島に住む、学者の父と11歳のニム。突然ひとりぼっちになってしまったニムが、巻き込まれる様々な事件・・・。
シリアスな映画が多いジョディー・フォスターですが、今回は外出恐怖症&対人恐怖症の冒険小説作家というコミカルな役。いつも眉間にしわ寄せている役だれど、この映画ではジョディー・フォスターって笑顔がすっごくキュートな女性!って思いました。(後でわかったんだけど、ニムのパパと小説のヒーローアレックスが同一人物なんです!)

吹き替えだったら小学生でも十分楽しめますよ〜。
[PR]
by masako-watanabe | 2008-09-09 09:07 | Movie | Comments(0)

崖の上のポニョ

f0101174_826655.jpgちょうどテレビで崖の上のポニョがベネチア映画祭で観客から高い評価を得たというニュース。さて、受賞はなるのか?

話題作なので見ましたよ。
勇気があって好奇心いっぱい、どんな姿のポニョも受け入れる大きな心の5歳のそうすけ、人間になりたい魚の女の子ポニョが主人公のお話なんだけど、不思議な描写がいっぱいで、その奥にどんなメッセージがあるのか今ひとつわかりませんでした。ポニョの父が作っている不思議な薬、トンネル、施設の老人達、女性に抱かれた赤ちゃん、ポニョの母・・・ハッピーエンドなんだけど、何となくスッキリしなかったのはわたしがへそ曲がりだからかな(^o^)

そうすけの母リサはかっこいいなぁって思いました。特に波とのカーチェイスは迫力満点でした!
[PR]
by masako-watanabe | 2008-09-02 08:42 | Movie | Comments(8)

北海道北見市から、心と体にやさしい ハーブのある暮らしをお送りします。


by masako-watanabe
プロフィールを見る
画像一覧