ベーコン作り

季節的にどうかな?とは思ったのですが、もう食べるベーコンがなくなってしまったので、仕込みました。
バラ肉に塩を塗り込んでからソミュール液に漬け込みます。
ソミュール液は水、塩、コショウ、砂糖のほかにセージやローズマリー、タイムなどのハーブ、オールスパイスやクローブなどのスパイスをブレンドして一度煮たてたものを冷やしておきます。冷めたら肉を漬け込んで密封ビニール袋にいれて1週間ほど冷蔵庫で寝かせます。
今回はタイミングが合わなくて10日くらい置いておきました。

そして塩抜き。
f0101174_07491188.jpg
表面をよく洗ってから流水で5時間。少しカットしてレンチンして塩が抜けていることを確認します。
この後、脱水シートに包んで冷蔵庫に一晩寝かせます。
次に乾燥ですが、バラのアーチが雪の中で・・・・それでも埋まりながら雪を漕いで干しました(笑)

f0101174_08331002.jpg
途中で吹雪いてきたのでお昼からは部屋干し。
いい感じに乾燥しました。

f0101174_07491825.jpg
もう一晩脱水シートで冷蔵庫に寝かせて、翌日はいよいよ燻煙です。
私は初めに50度でチップを入れずに2時間温燻し、チップを入れて75度で2時間燻煙します。

f0101174_07492434.jpg
ベーコンはほどんどの工程は放っておくだけなんだけど、この温度管理だけは上がりすぎたり、下がりすぎたりしないように時々チェックしなければなりません。

そして、やっとベーコンが出来上がり。

f0101174_07493245.jpg
飴色のいい感じになっています。燻煙したては煙いのでペーパータオルに包んで一晩寝かせ、
翌日から美味しいベーコンが食べられます。
今回はハーブとスパイスをかなり多めにしたので、スパイシーなベーコンに仕上がりました。




今月のSWIM
feb. 14,100m/11days
Total 28,700m












[PR]
by masako-watanabe | 2017-02-27 08:40 | Kitchen&Wine | Comments(0)

北海道北見市から、心と体にやさしい ハーブのある暮らしをお送りします。


by masako-watanabe
プロフィールを見る
画像一覧